プロフィール

きゃず(北村和久)

1982年神奈川県横浜市生まれ。既婚。1児(長女)の父。
早稲田大学教育学部卒業後、システムインテグレーターの法人営業、事業企画、経営企画、新規事業開発に従事。
法人営業時代の数千人との折衝経験と、中小起業診断士としての経営知識を活かし「経営者の右腕」として経営者インタビューや執筆、ビジネスフレームワーク講師としての活動を行っています。
難しい概念を分かりやすく噛み砕いてお伝えすることや、対話型の場づくりはお任せください。

まなびのポータルサイト「ストアカ」で講師をやっています。

保有資格:中小企業診断士(2018年8月登録)、簿記3級(2015年6月取得)、ITパスポート(2009年5月取得)
趣味:野球観戦、読書、音楽鑑賞(オルタナティブロック&ももクロ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取材・執筆実績

一般社団法人中小企業診断協会『企業診断ニュース』

2018年10月号特集「魔法の習慣10」:「人の役に立つ」という理念を皆で確かめ合う

独立行政法人中小企業基盤整備機構 J-Net21

経営課題別に見る 中小企業グッドカンパニー事例集:限りある経営資源をソフト面に注力し、同業他社との差別化を図る

合格者座談会 「私のモチベーション維持法

中小企業庁 ミラサポ 経営者・専門家ニュース

事業承継に備える上で有効な、次世代リーダーの育て方!(1)

(2) 、(3)

みらいコンサルティング 「みらい経営者ONLINE」

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントで利益をもたらす事業を発見

エクスウィルパートナーズ 「先生ビジネス百科」

知識を結果に、結果を習慣に ~株式会社ラーニングモア PDCA研究所 代表取締役 山口伸一さん

「誰もが働くを楽しめる社会」を実現するために、10回目の転職で起業~あさみコンサルティング 代表 森田昇さん(掲載予定)

士業の仕事を拡大させる、3つのコミュニケーション術

“人に読まれる”インタビュー記事の書き方

意識していますか?士業のマーケティングにおける「商品・サービスの3つの段階」(掲載予定)

書籍

書籍『フレッシュ中小企業診断士の合格・資格活用体験記Ⅶ』「フレッシュ診断士研究会」参加者との共著

書籍『2019年度版 中小企業診断士 一次試験 一発合格まとめシート 後編』経済学・経済政策および経営情報システムの作成協力

電子書籍『中小企業診断士試験 一発合格: 独学では辿り着けない、予備校では教えてくれない、診断士試験の真実とノウハウ』一発合格道場9代目 きゃず としてメンバーとの共著

活動記録(診断士受験生向け)

2015年

8月 中小企業診断士試験の学習開始

2016年

8月 中小企業診断士1次試験合格 7科目計504点(経済:76 財務会計:92 経営:79 運営管理:69 法務:60 情報:64 中小:64)

10月 中小企業診断士2次試験不合格 総合B-237点(Ⅰ:A-60 Ⅱ:A-60 Ⅲ:A-60 Ⅳ:B-57)

2017年

12月 中小企業診断士2次筆記試験合格 総合A-245点(Ⅰ:A-65 Ⅱ:B-58 Ⅲ:A-65 Ⅳ:B-57)

12月 中小企業診断士2次口述試験 合格

2018年

2月 ご縁を頂き「中小企業診断士試験 一発合格道場」にて9代目きゃずとして執筆開始

4月 所属会社にて経営企画部門へ異動となる

4月 取材・執筆の基礎を学ぶためのスクール「取材の学校」入学

4月 複雑痔瘻の手術のため入院(約1週間)…「診断痔」となる

5月 診断士協会で最大規模の組織「東京都中小企業診断士協会 中央支部」に入会

5月 中央支部内の、診断士の「あり方」を学ぶ研究会「フレッシュ診断士研究会」に入会

5月 診断士受験生時代の恩師が創設者である独立研究会「中小企業政策研究会」に入会

6月 コンサルティングの基礎力向上のためマスターコース「BCNG(経営革新のコンサルティング・アプローチ)」受講開始

8月 中小企業診断士として正式登録

10月 媒体への紙面掲載デビュー(『企業診断ニュース』10月号「魔法の習慣10」第4章)